L-MODE車両部(電機好きの不定期カマネタ記録)

express65.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ED79 ( 10 ) タグの人気記事


2012年 07月 20日

赤い1レと赤い202レ

遠征中は残念ながら天候に恵まれず、やむなしに津軽今別で撮影。

ここなら超望遠でシャッタースピードも稼げ、長編成にも対応できるので。

b0118076_22101181.jpg

ED79 4号機 1レ 2012年7月15日

その4分前には上りのはまなすが通過。

b0118076_221119100.jpg

ED79 14号機 22レ 2012年7月15日

この間本当に時間がない。


こちらでは地元の方とご一緒し、色々とお伺いすることができました。


次回はもう少し露出があるときに決めたいもの。
[PR]

by express65 | 2012-07-20 00:00 | 今日の1枚
2012年 07月 19日

海峡の影武者

今回の遠征では、貨物に珍客が入っていた。


青森へ向かう数日前、青函トンネルで貨物を牽引中のED79 51号機と55号機が故障。
青森へ救援されて向かうも、再起不能になり五稜郭へと回送されていった。

元々配置9で常4組組成し、使用は3組。厳密には4組でローテーション。それが今回一気に2両がいなくなったので3組配置の3組使用のインフレ状態。

で、余っていた1台、53号機と、JR北海道から借りた9号機でペアを組み、その日から貨物運用に投入。

が、故障の影響はしばらく続き、更には九州の大雨とも重なり、撮影期間中の99レは悲しいかな単機だった。

ならばと思い切って面を撮影。



b0118076_4162100.jpg

ED79 9号機+53号機 単99レ 2012年7月15日


HMも無いからつまらない・・・と思うのが当然だが、考えてみればHMの無いED79 0番台の単機を撮影するほうが難易度が高いのだから悩ましい結果である。


翌日、期待を胸に朝起きるも外は大雨。


大雨用の撮影地を候補にしておいたので、そこへと向かう。


ザ・海峡線のこのストレートで長編成は流石にカッコイイ。

b0118076_4211854.jpg

ED79 9号機+53号機 3091レ 2012年7月16日


まだ51号機と55号機は出てこない。いずれはこの組成も変更されると思うが、果たしてその際赤+赤が実現するのか・・・。
[PR]

by express65 | 2012-07-19 00:00 | 遠征
2012年 07月 18日

魅力にハマる

ED79 0の魅力。

それは、ステンレス帯有りで貫通扉付き。

そして、海峡線専用機関車。


b0118076_2158428.jpg

[PR]

by express65 | 2012-07-18 21:58 | その他
2012年 07月 18日

奥津軽は梅雨真っ盛り

うまいことは2度続かず・・・


b0118076_22874.jpg

ED79 4号機 202レ 2012年7月16日

だから、これは逆にチャンスと豪雨撮影に勤しんだ。
[PR]

by express65 | 2012-07-18 00:00 | 遠征
2012年 07月 07日

終焉カウントダウン

実は始まっています。

北海道新幹線が開業すれば、同じ線を走る在来線には現在使用されている機関車は共存できない。

ということで、いま製造中のEH800がそのすべてを担うことになるわけで。

そう。ED79も、EH500もこの海峡線から姿を消す。


そんなED79も抜かりなく撮影。

b0118076_21212327.jpg

ED79 57号機+54号機 4061レ

夕方17時前に通過するこの列車は弾道の低い良い光線で撮影できる。

この撮影地は架線柱とビームの処理が大変だが、ベストポジションを見つけて何とかシンプルに撮影。



その翌日。

午前中までの空模様は何処へ、再び初夏の天候へ戻った中での撮影。

b0118076_21285019.jpg

ED79 58号機+52号機 4061レ

はやり前パンが非常に気になりますが・・・苦笑

この他にもやはりEH500も抜かりなく撮影することに。
[PR]

by express65 | 2012-07-07 21:30 | 遠征
2012年 07月 06日

津軽の白魔

それはもちろん霧。


この日も予報では晴れ。

だが、朝起きてみると様子はまさしく曇り。

高い位置に濃霧が立ちこめている為、曇りそのもののよう。

しかし、天気予報は頑なに晴れを誇示している。


これでは遠出は無用と判断し、油川で茶を濁すことに。

b0118076_18321078.jpg

ED79 10号機+キヤE193系 試9136レ

この日は海峡線の検測があり、北斗星の後を追うような形で列車が走った。

もちろん真っ暗。

津軽線内はJR東日本の測定だが、海峡線でのまとまりになるので、ED79牽引で北海道貸し出しという形で行われている。

その20分後ほどで202レはまなす。

b0118076_18354570.jpg

ED79 9号機 202レ 急行はまなす

この日は終始曇り・・・と思っていたが、実は昼からは一気に晴れに・・・いや、霧が晴れ、何事も無かったかのように晴れへと天気は落着いた。
[PR]

by express65 | 2012-07-06 00:00 | 遠征
2012年 07月 05日

梅雨の中休み

間違いなくこんな期間に巡り合っていたのだろう。

帰ってから調べてみると、この前日も快晴。

昼夜の気温変化も少なく、霧が出にくい状態だったようだ。


陽が高くなってからも空の抜けは相変わらず。

唯一撮影できる上りED79貨物もスカッとハイコントラストなカットとなった。

b0118076_18441093.jpg

ED79 51号機+53号機 3096レ 新中小国信号所~中小国


はまなす撮影のときにいた不届き者の同業他者は、はまなす通過後猛烈な勢いで車を発進させ、農道のかなたへと消えていった。

こんな良い被写体が有るのに。


夕方まで、この天気は一向に変わることなく持ちこたえた。

そこで念願だった2022レの撮影に行くことに。

浪岡の通過時刻はおよそ18時45分。いくら夏至付近とはいえ、地平線まで晴れていないとなかなか難しい撮影となる。

b0118076_1848698.jpg

EF81 139号機 2022レ 浪岡~北常盤

この日は間違いなく終日快晴。

大気の水分プリズムで真オレンジ色に輝く太陽に照らされ、各ポジションにいる撮影者に汽笛のサービスを振りまきながら通過していった。

そんなあけぼのも翌日は生憎の雲で陽が隠れてしまい、悩んだ末シルエットにしてみた。

b0118076_19413575.jpg

EF81 137号機 2022レ 浪岡~北常盤

背後の建物類が線路より高い位置にあるため完全なシルエットとは行かなかったものの、運転士のスタイルが良い感じに浮き出てくれた。
[PR]

by express65 | 2012-07-05 18:57 | 遠征
2012年 07月 03日

霧は晴れ渡り

空は快晴。ここは青森中小国!!


b0118076_1817551.jpg

ED79 12号機 202レ 急行はまなす 2012年6月29日 5:14

Canon EOS5D MarkⅡ

ISO200 1/1000 f4


完璧なシチュエーションで撮影することができた。


本当に感無量・・・。


遠征のまとめはまた後ほど。
[PR]

by express65 | 2012-07-03 21:39 | 遠征
2012年 05月 07日

春の大遠征~その4日目~

結局前日就寝したのは23時頃。

起きたのは同じく3時です。

良くまぁ丸3日間睡眠6時間程度の睡眠で起きれたもんです。

チェックイン等の荷支度を済ませ、本日も半には出発です。

今日は前日よりも青森よりのためはまなすには少し時間に余裕はありますが、北斗星は逆にキツイ。

とりあえず一路前日ロケハンした津軽宮田~油川へ。


何とか北斗星通過までには間に合いましたが、はまなすとは逆向きなので定番とは反対側へ行きました。が、あろうことか焦っていてCF挿入忘れで撃沈・・・orz

気を取り直して定番へ移動すると、既に沢山の鉄が。

会話の内容から、某鉄道高校の鬼畜清宮一派もいたようです。

残念ながらカンテラは振っていませんでした。


カメラをセットしてフラフラしていると、思わぬものが接近。

b0118076_20393.jpg



ぬぬぬ・・・!?!?


b0118076_1461117.jpg


|゚Д゚)))σ”””

何と、あの津軽工臨です。この時期お馴染みのようで、今年は方向転換があった関係で2エンド先頭で来ました!!カッコイイ・・・。

短頭重連なんて関東じゃ見れない・・・。

はまなすの前走りにしては豪華すぎました。

そして本番の202レは・・・

b0118076_1463132.jpg

ED79 9号機 202レ

ほぼ快晴の中、露出はこの時期では120点で、更にはHM付きで合格!!


これで前日の雪辱をはらせました。


その後の3098レはED79の代走でしたが、荷はカラカラ。

b0118076_146422.jpg

ED79 52号機 3098レ


うは・・・AIサーボだったことを忘れカツカツに。


その後少し待ちましたが他に来る気配がなかったので、青森の古川市場でのっけ丼を食べてあけぼのへ向かいました。

右往左往した結果、結局場所は前日と同じ場所(笑)

b0118076_1472046.jpg

EF81 136号機 2021レ

一昨日の上り釜だからこいつなんですがね。

今回のあけぼのは3戦1勝でした。負け越しです。


このあとはニコ厨の返却を撮影しに白沢~陣場へ。

風穴の山を登って上から俯瞰しました。

風穴ってなに?

b0118076_1473030.jpg




最後は津軽鉄道を撮影しに青森へ戻ります。

すると、沿線は何と桜ほぼ満開!!

前日は咲いていなかったのに・・・苦笑

こちらも後日別記事にてまとめます。

この4日間での総走行距離は約3370キロ。

お疲れ様でした。

次回は夏至付近ですかね。
[PR]

by express65 | 2012-05-07 00:00 | 遠征
2012年 05月 06日

春の大遠征~その3日目~

前日、記憶がなくなる前に一応目覚ましをセットしておいたので何とか起床。

この日は朝のはまなすを撮影するために中小国まで移動します。

通過が5時で、そこまで1時間半かかるとすると、出発は3時半!!いつもならまだ起きている時間に起床です。

3時に起きて支度を済ませ、半に出発。途中下道、高速は頑張って運転し、ナビ予想時刻よりも40分ほど回復して何とか到着。

既に5人ほど撮影地には待機していましたが、下りの1レ北斗星が10分前程に通過するので、そちらのアングルに先に行きました。


到着してすぐ踏切が鳴り登場。

b0118076_094720.jpg


ED79 7号機 1レ

うわっ・・・北斗星の79が撮れるんだ・・・驚

余韻に浸ってる暇はなく、そそくさと反対側へ移動します。

駅前に車を止め、ひたすらダッシュ!!

EH貨物等を見送りいよいよ本番です。

さて、周りには緊張と不安が漂います。

はたして霧は出ないでいてくれるか・・・。

数分後向こうからライトが見えました。

光線もこの時期にしては合格点です!!


ところが・・・。


何かが全然違う!!!


b0118076_0104420.jpg

ED79 14号機 202レ


だ、団臨・・・orz


全員絶句ww


気を取り直して下りの79を見学。


改正で3098レがEHに持ちかえられてしまったため8時頃まで79は見れません。


この後、当初予定していなかった3日目のはまなす撮影に全員一致で再挑戦することになったのは言うまでもなく、油川の撮影地を下見しに行きました。


そしてそのまま一路あけぼの撮影へ奥羽本線へ戻ります。

場所は考えて色々回った挙句、初見の鶴ヶ坂~津軽新城へ。

カマは双頭ループだろうと踏んでいたのが大間違い。

b0118076_0111884.jpg

EF81 137号機 2021レ

なんと唯一の非双頭・・・。

これなら富根~二ツ井で撮りたかった(:Д;)

でも確実に間に合わなかったから納得。

そこから583系のさくらまつり号を撮影すべく浪岡付近まで移動すると、とんでもない事態に!!

大仏公園付近で待っていると、弘南鉄道に見たことのない列車が・・・。


「工臨じゃねーか!!!」


そうなんです、突然工臨が現れたんです!!

以下略。


そしてここでとある駅前にクランプごとコンデジを駅前の柵に取り付けたまま忘れる・・・orz


その後昼からは津軽鉄道へ移動し、GWに走っている客レを撮影します。

芦野公園はまだ2分咲き位でしたが、とりあえず押さえることに。


津軽鉄道に関しては後日改めてまとめます。


津鉄撮影後、4061レの79を狙いに中小国へ移動しました。

油川へ抜けるより相当近いです。

何となくロケハンしていたら新中小国信号所内が撮れるんじゃね?ということに気付き、セッティング。


最初に来たのは初撮影の789系

b0118076_0124075.jpg


増結で長いです。


そして本番。

赤いのが良いと淡い期待をしましたが・・・。


b0118076_0125058.jpg

ED79 53号機 4061レ

そんなことも吹っ飛ぶくらいの光線と編成!!


カッコイイ・・・。

そんな余韻を残しつつ、2022レあけぼのを超絶撮影するために移動。

場所は浪岡付近で、流してみます。

b0118076_013341.jpg

EF81 139号機 2022レ

まぁ、こんなもんかな(^^;

そして忘れたままのコンデジを回収しに戻り、この日はそのままホテルへ戻り、王将で飯を食って寝ました。

翌日も3時起き・・・。さて、どうなるか。
[PR]

by express65 | 2012-05-06 00:13 | 遠征