カテゴリ: EF65 1054号機( 2 )


2010年 10月 25日

EF65 1054号機 その2

いつの間にか他の記事に埋もれてしまったうちのPF製作記ですが、一応2台やってます。

1041号機と1054号機ですが、その1を書いたきりなにもしていない・・・

分けでは在りませんでした。


b0118076_3335062.jpg


実はここまできていたんです!!!


1041号機はスカートの特徴である開口部を空け、ナンバー埋めをひたすら繰り返し・・・。


1054号機は・・・特に何もなくナンバーは気にしない。


本当はまだ屋根上配管に手をつけていないんですが、先にご依頼品の納車が先決との長判断で加工凍結。

仮組みをして格納庫へ連れて行かれました。


次回再開は・・・年明けかな(^^;
[PR]

by express65 | 2010-10-25 03:36 |  EF65 1054号機
2010年 06月 10日

EF65 1054号機 その1

前回は1041号機の紹介でした。


で、


まだ発表してなかったですね。製作するカマ。



今回は1054号機です。


実は前回の最初の写真は1054号機用の車体だったんですが、加工内容が同じだったのでそのまま使ってしまいました(^^;

手抜きでした。


お粗末でした。


そして今回はその続きということで最初の画像は前回をご覧くださいという感じでお茶を濁します。


b0118076_1531668.jpg


車体側面前面は1000番まで研ぎ終わりました。

でも見た目何も変わらず。


当たり前なんだけど、載せるもの無いから載せておきます。


b0118076_1541351.jpg


屋根上は600番まで。

このパンタ避雷器配管の処理が非常に面倒で非常に神経使うんですよ。


1台で限界が来るので、そしたら息抜きで雑誌黙読。


で、気付けば作業してる時間より長いって言うね。


今回は平面処理が多いのでヒケが起こらないようにプラ板にペーパーを貼ったもので処理しているので、張替えが非常に面(ry

b0118076_1573665.jpg


おかげでここまで平滑に処理できました。


今まで面倒でもやればよかったな・・・。


まぁ非貫通機には適用できない技なんでまぁ良いか。



b0118076_1582786.jpg



現在仕掛かり中の3台。


左から1041号機、1054号機、1106号機です。

1106号機はクーラー取る予定(出雲牽引仕様なので)。


さ~ら~に。


今月はおうばんぶるまいで今後・・・


KATOのEF81を使用してヒサシ付き双頭ガマ2台、EF64 1053 号機あけぼの仕様。

TOMIXからEF65 500P国鉄仕様×2、EF65 500F519号機。


これ売却しますはい。


次回はEF81の進んでない進捗状況でも・・・。
[PR]

by express65 | 2010-06-10 23:50 |  EF65 1054号機