カテゴリ: EF65 539号機( 3 )


2010年 05月 30日

EF65 539号機 落成

こちらも落成と相成りました。

加工は今までと同様ですが、塗料を一新したので仕上がりは抜群に良くなりました。


b0118076_235622.jpg


とりあえず前回の塗装から屋根上を塗り分け、仕上げに入ります。


b0118076_251172.jpg



b0118076_251970.jpg



b0118076_253018.jpg



b0118076_254026.jpg


屋根上は配管を別パーツ化しています。

また、無線アンテナへの配線もちゃっかり再現。

b0118076_2103672.jpg


詳しい加工内容は発売中の「鉄道名車モデル&プロフィール EF65 0&500番代」の記事で触れていますので是非ご覧ください。


この車両(EF65 539号機)とEF65 501号機は後日都内の中古委託販売店へ持って行きます。
[PR]

by express65 | 2010-05-30 02:08 |  EF65 539号機
2010年 05月 29日

EF65 539号機 塗装突入Ⅱ

今回は前回の青15号に引き続き、胆となるクリーム1号の塗装になります。

まずは前回の成果。


b0118076_5594171.jpg


元々の青15号部分が復元されたことになります。


b0118076_601220.jpg


幅の小さいマスキングテープから貼り付けているので、モールドへの追従性がよく吹きこぼれが少なくすみます。

b0118076_61057.jpg


屋根部分は後に黒で塗装するので大まかに塗り分けます。



さて、次はクリーム1号に塗装する部分を残してマスキングです。

ここが一番重要な場所になります。


まずは0.4mm程のマスキングテープを使用し、塗り分けとなる部分からマスクしていきます。徐々に幅のお大きいテープでマスキングしていき。隙間の開かないように切込みを入れながら、更に直線に気をつけて貼り付けていきます。

b0118076_621635.jpg


特急色の塗装で問題となる側面の「R」部分ですが。当方では穴あけポンチで開けた外側のマスキングを使って再現しています。

b0118076_65564.jpg


丁度Φ2mmの穴がR部分に合っているようです。うちではハンズで購入した1000円程のものを使用しています。

b0118076_66183.jpg


これでマスキングテープに穴を開けて使用していきます。


この作業を繰り返し、このようにマスキングを済ませます。

b0118076_664466.jpg


b0118076_665060.jpg


これでクリーム1号に塗装する場所以外はマスキングできました。

このマスキングで1両1時間は費やします。

さて、クリームを塗装していきます。


大前提でお話していますが、この作業はエアブラシ塗装でしか出来ません。更に言うと塗料の噴射とエアーの噴射量をそれぞれ調整できるニードルでの作業となります。

青15号の吹きつけにもいえることですが、通常の塗装のように「吹く」というより、塗料を「乗せる」感じで作業します。
エアーの圧力は極小。塗料は良く見ると出てる・・・くらいがベストです。

その圧での塗装範囲で、加工した場所だけに塗料を「乗せ」ていきます。

基本的には10回程度繰り返すと考えてください。

そして吹き上がりです。


b0118076_612979.jpg


b0118076_6121786.jpg


ほこりが混入していますが、2000番で少しこすればすぐに取れます。


b0118076_612469.jpg


これでほぼ2色間に段差が発生せず特急色の復元ができました。

ここまでが部分塗装のイロハになります。いかがでしょうか?(^^;)

このあと屋根上の黒塗装になります。
[PR]

by express65 | 2010-05-29 06:14 |  EF65 539号機
2010年 05月 27日

EF65 539号機 塗装突入Ⅰ

さて、お待たせいたしました。塗装に入ります♪


まずは基本的にミッチャクロンにて下地処理をします。

これで金属部分と加工部分の塗装乗りが良くなります。もちろん加工した場所だけ塗布します。

その後、まずは青15号を塗装しますのでクリーム部分をマスキングします。

1色目ですのでマスキングする必要は無いんですが、クリーム塗装時に段差が生じるため、それぞれでマスキングを行います。

b0118076_2281846.jpg


幅の小さいテープからマスキングしていき、隙間の無いようにしていきます。

b0118076_2292393.jpg


その後部分塗装をする箇所だけを残して他を埋めていきます。

b0118076_2293587.jpg


b0118076_2301597.jpg


まぁこの後クリーム1号を塗装するので大まかでもかまいません(^^;


さて、次回はクリーム1号塗装時のマスキングです。
[PR]

by express65 | 2010-05-27 23:30 |  EF65 539号機