L-MODE車両部(電機好きの不定期カマネタ記録)

express65.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 05日

梅雨の中休み

間違いなくこんな期間に巡り合っていたのだろう。

帰ってから調べてみると、この前日も快晴。

昼夜の気温変化も少なく、霧が出にくい状態だったようだ。


陽が高くなってからも空の抜けは相変わらず。

唯一撮影できる上りED79貨物もスカッとハイコントラストなカットとなった。

b0118076_18441093.jpg

ED79 51号機+53号機 3096レ 新中小国信号所~中小国


はまなす撮影のときにいた不届き者の同業他者は、はまなす通過後猛烈な勢いで車を発進させ、農道のかなたへと消えていった。

こんな良い被写体が有るのに。


夕方まで、この天気は一向に変わることなく持ちこたえた。

そこで念願だった2022レの撮影に行くことに。

浪岡の通過時刻はおよそ18時45分。いくら夏至付近とはいえ、地平線まで晴れていないとなかなか難しい撮影となる。

b0118076_1848698.jpg

EF81 139号機 2022レ 浪岡~北常盤

この日は間違いなく終日快晴。

大気の水分プリズムで真オレンジ色に輝く太陽に照らされ、各ポジションにいる撮影者に汽笛のサービスを振りまきながら通過していった。

そんなあけぼのも翌日は生憎の雲で陽が隠れてしまい、悩んだ末シルエットにしてみた。

b0118076_19413575.jpg

EF81 137号機 2022レ 浪岡~北常盤

背後の建物類が線路より高い位置にあるため完全なシルエットとは行かなかったものの、運転士のスタイルが良い感じに浮き出てくれた。
[PR]

by express65 | 2012-07-05 18:57 | 遠征


<< 津軽の白魔      霧は晴れ渡り >>