2012年 01月 17日

上越線霜取り列車~1回戦~

その名も、上越カッター!!

霜取りという名目のようですが、走行しない日もあるなど、運用には何らかの条件が整わないと巡り会えないようです。

そして今回。不意にこの存在に気付き、賭けで待ってみたら撮れた・・・。
という何とも棚ぼた。

詳細をちょっとだけ整理してみます。

話では、午前3時~5時の間の列車が走行しない空白の時間を埋める・・・という意味を持つようですが、前述のように毎日ではありません。運転区間は長岡~越後中里。

恐らく、上り1番列車が霜取りパンタ装備の場合は運転せずに営業列車で霜取りし、1丁の場合は運転・・・なんじゃないかと勝手に想像してみたり。


使用機関車は、下りあけぼの2021レを牽引してきたEF64がそのまま担当。なので、下り方にあるHMは付いたまま。

以下時間は実際に乗務員に確認したものと、遭遇した時間、数少ない目撃情報から構築していますので、多少の誤差はあるかと思います。

まずは下りの2021レを撮影。この数時間後に再び上越線を上ります。

b0118076_331355.jpg


越後中里で再び再会!!

b0118076_3314650.jpg


もう何もかもが物凄い雪。

b0118076_3315460.jpg


走行冷却で車体も氷付いています。

b0118076_3321545.jpg


b0118076_3343459.jpg


b0118076_3344322.jpg


およそ20分の停車の後、中里のスキー場をバックに長岡へ向けて走り出しました。

b0118076_3352233.jpg


このあと追いかけるも、豪雪のため高速は除雪で規制。撮影地に付いた時は既に列車の通ったばかりの跡が有りました。
[PR]

by express65 | 2012-01-17 03:35 | 遠征


<< 平成生まれのEF81兄弟      EF81 139号機 その1 >>